T3

やっと、ネットが繋がってなんだかうれしくて文章をしたためる
たいして話題もないくせに
ほんでも、仕事は公務員なみに定時帰宅な金沢生活
今日なんて6時半には夕食食べ終えてましたからね
びっくりやわ
こんな生活がいつまで続くのか
いいのかこれで。。

連休はばっちり雨がふり最終日にやっと乗れた感じ
場所はタイコヤマ
路面のしまりも良くてかつ午前中はいい湿りで土方もしやすくいい感じ
3時ころからは風も止んでベストコンデション
ホイールの調子もよくて気持ち良く飛べました
やっぱり、転がることは重要やわ

ここは公園内ということで人の目にとまって、スポーツとしてのBMXを認知してもらうにはとても良い場所やと思う。
かなりの人が立ち止まって見て行く
まあ、見てるだけで危なそうやし子供にはやらせんとこと思ってるかもしれへんけど・・・
でも中には、息子にやらせたいねんと話をしてきてくれたお父さんもいらしたし
親が自転車に興味があると話が早い。
でも、見た目の危険さからなかなか難しい所もあるのも事実
乗る場所に求めるものが乗り手の中でも異なるも事実

というのも、自転車といってもロードからBMX、ママチャリまでなんでも自転車やし
競技といっても早く走る競輪もあれば足を付かないで行うトライアルもある
まったく違うしチャリも同じに見てもまったく違う
普通の人から見ると分かるんは、車輪のサイズとハンドルの形くらいかなと思う
やから、ちゃりの形で、BMX、マウンテンバイクでと区別されてしまい
乗り方はその人の知識の中であるものに分けられる
BMXはくるくる回るもの、マウンテンバイクは山を下るものとかに
でも実際は、自転車の形ではなく乗り手で決まるって事
自転車は道具であって扱う人によってなんでもできることが伝わりにくいし
なかなか、乗らない人には理解出来ない。
この部分が伝わると一つ前進するかなと思う



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

なっとく

KIDSも楽しめる、安全設計な「スポーツの場」を考えていきたいね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。